ホクナリンテープ市販代替

ホクナリンテープの代替えの市販品が欲しい方におすすめの通販サイト

ホクナリンテープは市販されておらず、代替えの市販品、類似の市販品がありません。

 

薬局やドラッグストアでも購入できないし、アマゾンや楽天でも購入することができません。

 

しかし、海外の個人輸入代行サイト(ファミリーファーマシーグローバル等)でホクナリンテープを購入することができます。

 

 

 

>>ホクナリンテープが購入できる通販サイトはこちら

 

 




辛い喘息から救ってくれたホクナリンテープ

私の喘息との付き合いは、20代後半になってからでした。

 

そのとき風邪をこじらせ、咳だけが3ヶ月以上も続いていて病院を受診したところ、慢性の喘息になっているとの診断をされました。

 

それからというもの、季節の変わり目や、秋冬の冷たい空気に気管支が敏感になるようで、すぐに気管支炎にかなりやすくなりましたし、一度風邪を引くと喘息発作になりやすい体質になりました。

 

そして初めて喘息だと診断された時に医者に処方されたのが、ホクナリンテープでした。

 

胸に貼るだけで発作がおさまるし、一日一回だけでいいとの話に、胸に貼って気管支まで届くの?と心配でしたが、聞くところによると胸の皮膚からゆっくりと気管支まで届いて、24時間じわじわと効果が継続するのだとか。

 

その時同時に、薬を吸うタイプのお薬も処方されたのですが、そのお薬はホクナリンテープより効果は高いそうですか、ステロイドのお薬なので、長期的に服用する事で副作用が起こりやすくなってしまうとのお話でした。

 

これから何年もこよ辛い喘息と付き合っていかなければならないので、ホクナリンテープの方が体に優しく、はじめはステロイドも使っていくが、次第にホクナリンテープだけにしていくとのお話でした。

 

ホクナリンテープは、刺激が少ないそうで、小さい子供からお年寄りまで使える優しいお薬です。

 

ただ、私はもともと皮膚が弱いので、毎日同じところに貼るとまけて赤くなったりかゆみやひりつきが出るときもありました。

 

なので私のように敏感肌の方は、ずっと同じ場所ではなく、少しずつずらして貼るのをおすすめします。

 

また胸だけでなく、背中に貼っても同じ効果があるそうです。

 

まさか自分が喘息の体質になってしまうとは思わなかったのですが、ホクナリンテープがあれば辛い発作も簡単に和らぐのでなんとか無理なくお付き合いできそうな気がしています。

 

ホクナリンテープは私のお守りのようになっています。